物語の舞台となるのは2080年〜2082年、とある国のとあるスラム街。
俗に言う[ 情報屋 ]の仕事を生業にしている斎と瑪瑙の元に、ある日突然、謎の少年―朱羅が転がり込んでくる。
その後、斎や瑪瑙、他の仲間達との共同生活が始まる事になったが ...
( この作品は、[ RETROVIRUS ] に登場する、御堂朱羅と千隼斎の過去編となっています )


メインキャラクター

御堂 朱羅 御堂 朱羅 ( ミドウ シュラ / 15歳 ( 2082年 ) / ♂ )
元々は、由緒ある名家の次期当主だったが
精神が崩壊してしまった、当時当主だった姉を殺害してしまった事で家を出る事となる。
家を出た後、暫くは1人で様々な仕事をこなしながら生活していたが
ある日、そんな仕事の最中、斎達と出会った事で共同生活が始まった。
口数が少なく、表情も感情も乏しい少年。
複雑な家庭環境等が原因で、ヒトの心を失っている部分も多い。
思った事は良くも悪くもそのままストレートに相手に伝える為
他人に誤解され易く、衝突する事も多々。
良くも悪くも、ヒトを惹きつけてしまう何かを持ち合わせている。
斎や瑪瑙達と出会った事で、失いかけていたモノを次第に思い出していく。

葉月 瑪瑙 葉月 瑪瑙 ( ハヅキ メノウ / 17歳 ( 2082年 ) / ♀ )
放浪していた時に今の街にやって来たが、治安が崩壊しているその街中で
男達に攫われそうになったその時、斎や他の仲間達に助けられた事がきっかけで
斎達と共に生活を始める事になった。
少年しかいないグループの中に咲く1輪の花であり、仲間達の母親的存在。
家事全般が大好きで、それ以上に皆の笑顔が大好きな暖かい少女。
環境汚染の影響を受け、呼吸器官に障害を持っているが
芯の強い頑固な一面も持ち合わせており、時に男勝りな行動を取る事もある。
斎や朱羅と共に生活して行く中で、忘れようとしていた感情に気付く事となる。

千隼 斎 千隼 斎 ( チハヤ イツキ / 14歳 ( 2082年 ) / ♂ )
生まれた当時、街中で捨てられていた所を、孤児院で働く女性に拾われる。
その後、その孤児院はなくなってしまうが、そこで仲の良かった仲間達と共に
情報屋紛いの仕事を始める。
年の割に外見・中身共に大人びており、よく実年齢より上に見られる。
世話好きで仲間意識がとても強く、グループ内のリーダーであり父親的存在。
家事も得意で、特に料理の腕は相当なものらしい。
瑪瑙と共に仲間達の世話をしつつ、リーダーとして仲間達を引っ張っていく。
瑪瑙に密かな想いを寄せているが、自分よりも瑪瑙や朱羅の事を先に考えてしまう。


サブキャラクター

皇 瑠唯 ( スメラギ ルイ / 32歳 ( 2082年 ) / ♂ )
製薬会社"Asura"の最高責任者。
いつも冷静で穏やかではあるが、欲しいものは必ず手に入れなければ気が済まなく、プライドも高い。
身体能力も知力も高く、美しい容姿もあってカリスマ的才能も持ち合わせている。
朱羅に対し異常なまでの愛情と執着心を持っており、自分の元を離れた彼のことを現在も監視している。

皇 瑠架 ( スメラギ ルカ / 29歳 ( 2082年 ) / ♀ )
瑠唯の妹。
外見は兄ととても似ており、仕草や口調も中性的で、よく男性と勘違いされる。
兄のことを家族として大切に想っている一方で、朱羅に執着する兄を淡白な目で見ている部分もあり、
社員の一部からは"影の支配者"、"監視者"と呼ばれている。

月城 湊 ( ツキシロ ミナト / 27歳 ( 2082年 ) / ♀ )
暗殺組織"ERASE"の統括部に所属する女性。
朱羅がまだ幼い頃、御堂家にいた時代を知る数少ない人物。
若くして正規部隊員となり、その功績から諢名保持者となり、現在は組織を動かす統括部メンバーの地位を得ている。
冷静沈着で任務の為には犠牲をも厭わないが、普段はあっさりした気さくな性格で友人も多い。
幼い頃に拾ってもらった組織に恩義を感じており、家族同様に想っている組織を護る為、朱羅を組織に迎え入れたいと思っている。

葛葉 昴 ( クズノハ スバル / 30歳 ( 2082年 ) / ♂ )
暗殺組織"ERASE"の統括部に所属する男性。
湊の同僚で、彼女と同じ頃に組織に拾われ、育てられた。湊同様、あっさりした気さくな性格。
武力に訴えるよりも先ずは交渉で物事を解決したいという考えの持ち主。

( カナメ / 14歳 ( 2082年 ) / ♂ )
ホームの副リーダー的存在の少年。
ぶっきらぼうで乱暴だが、根は優しく、仲間思い。斎や瑪瑙に対する信頼はとても厚い。

ギルヴァ ( 34歳 ( 2082年 ) / ♂ )
スラム街に縄張りを持つストリートギャング"BloodyHound"に所属する男性。
BHはいくつものグループから構成されている集団で、ギルヴァはその中のひとつのグループのリーダー。
敵も仲間も見下す癖があるが、BHの中でも古株で、BHがまだ小規模だった頃からのリーダーの1人。